トキは寝起きが良い?悪い?

今日はゴールデンウィーク中の唯一の休み、昼までたっぷり寝溜めしたのはいいが、カッコつけているわけでもなくナルシストでもないのに首が斜め45度に傾いてしまう・・・。

寝違いだ。

その寝違いの状態でトイレの便座に座ってみると、そこには「モナ・リザ」の絵が完成していた。

そして「モナ・リザ」の恰好のまま、どこのパチンコ店に行くか考えていた。

勝ちに徹するならば、ゴールデンウィーク中のパチ屋の回収日に「わざわざ出向くのもどうか?」とは思うが、右手は正直である。

店選びを考えているだけで、手が勝手に右打ちをしていた。

「これも寝違い?」

いやいや、単なる禁断症状だったのは言うまでもない。

しばらく考えて選んだ店は、前回甘デジの「CR009」でコツコツ貯めた多少貯玉のある店に決めた。

店に着くと、やはりと言うべきか混んでいた。わずかばかりの空台を見ていると2円パチンコに「CR北斗の拳6 天翔百裂」が空いていた。

「北斗の拳シリーズ」の中で、私が一番好きな機種なので迷わずにその台をキープした。そして台横サンドに会員カードを差し込んでみると、約1700発の貯玉が残っていた。

「意外と残ってんな しばらくは現金投資しないで済むな!」と心の余裕をぶっこいでいると、災いをもたらすのが常日頃のうすしおの習慣となっていたが、今回ばかりは様子が違った。

打ち始めてから順調に貯玉を減らしていき、現金投資も覚悟した矢先、擬似連が3回続きテンパイした図柄を見て、

「おったまげ~」

大当たり濃厚の7図柄テンパイが降臨!こんなうれしいビッグサプライズは、スーパーで買ったチョコバットでホームランが出たとき以来だ。

「お前はもう当たっている」

という状況でユリアリーチに突入したとたん、「通常保留」⇒「キリン柄激闘」へと変化した。

これでもかと言うぐらい大当たりの押し売りシャワーは、私にとっては気持ち良い!

無事大当たりを引き、「真乱世モード」(電サポ100回転、内36回転ST)に突入した。寝違いのおかげで、右打ちが一番見やすい方向だったが、あいにく16R一つ加えての合計2連チャンで終わってしまった。

出玉は約4000発。いつもなら連チャン終了後、そのまま続行すると出玉を飲まれることが多いので、ちょい勝ち以上になると即撤退を選択するが、本日は現金投資をまだ一切行っていない。

「出玉飲まれてもいいや」という気持ちで続行を選んだ。果たして今回は吉と出るか凶と出るか ?

すると約2000発使ったところでチャンスがやって来た。リーチハズレ後にカサンドラチャンスに移行してケンシロウがトキと出会い、「天翔モード」に突入した。

潜伏確変かただの小当たりかランプを見れば一目瞭然なのだが、ここは敢えてランプを確認せず、当たってるかどうかのヒリヒリ感を味わうことにした。

さぁここから始まる36回転のヒリヒリの旅、気合を入れ直して挑んだ2回転目、シンのバトルリーチがかかった。

「死闘開始」

んっ?死闘開始の文字が赤文字!もしかして?!

 

大当たり~

 

潜伏確変だったかどうかは分からないが、とにかく当たってくれたことに感謝。16Rの出玉を手に入れて「真乱世モード」に突入した。

しかし、「真乱世モード」に入ったものの、リーチすらかからずあっさり32回転を消化してしまった。

「真乱世モード」終了後、残り4回転の確変「一子相伝ゾーン」に望みを託した。

「一子相伝ゾーン」は北斗3兄弟(ラオウ トキ ケンシロウ)の内、1プレイヤーが選ばれて、そのプレイヤーが開眼すれば大当たりとなる。

しかしここでもリーチが成立しないまま最終回転を迎えた。最終回転はトキが選ばれてようやく初のリーチがかかった。

「お願い トキ 目を開いてくれ~」

 

 

「大当たり―!ナイス レム睡眠!」

 

トキの眠りは浅かったようで気持ちいい目覚めとともに大当たりを運んできてくれた。

これがキッカケでケンシロウも目覚めた。本気で闘ってくれたおかげで、シンだろうがサウザーだろうがボッコボッコ倒してくれた。

途中の演出も安心して見られるジャギバトル時の7テンパイやシンバトル時の激闘図柄レインボーなどが出て楽しさ倍増だった。

今日は続行が吉と出た。こんなに上手くいく日は中々訪れないだろう。勝てた理由はトキがレム睡眠だったことがすべてであろう。トキのおかげで、ゴールデンウィーク中の臨時収入が入った。何に使おうか悩んでいるが、おそらくパチンコ軍資金で使い果たすことになるだろう。

結果
投資 貯玉
回収12757発
収支22500円勝ち

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です