婚活サイトの条件は変更すべき?

現在、私はユーブライド(youbride)を使って婚活している。婚活にあたりどこの婚活サイトが一番私に向いているのか約1週間ほど考えぬいた。仕事の合間をぬってはそそくさとサイト比較に勤しんでいた。

結果、40代の私にとって最適な婚活サイトはユーブライドであると確信した。理由はというと、まず真っ先に挙げられるのは他の婚活サイトに比べて40代の男性登録者が多いことである。

40代の男性登録者が多いということは、単純に40代の成婚率が他の婚活サイトに比べて高いのではと考えたからだ。それに加えて、ユーブライドは老舗の婚活サイトだけあって信頼度も高く安心して婚活できる環境も決め手の一つになった。

次に挙げたいのが真剣度の高さだ。上記のとおり年齢層が高いため、結婚を本気で考えている人が多い。そのため、他の婚活サイトならば「いいね」を送れば成立する場合もあるが、ユーブライドは相手に対してどこに興味をもったかなどを書いた「メッセージ付きいいね」を送らないとなかなかマッチング成立までたどり着かない。そのメッセージの内容で送ってきた相手の真剣度を測っているのだろう。

また年齢層が高いため、20代後半の年上好きの人はユーブライドに登録すべきである。他の婚活サイトでは味わったことのない「いいね」数がもらえるだろう。そのもらった「いいね」の中に必ず私が紛れ込んでいるのは言うまでもない。今なら31日間無料でユーブライドを使えるので試せるチャンスだ。

婚活サイトを使っていて、様々な便利な機能の内の一つで、条件検索機能というのがある。登録者の中から、自分が結婚相手に求める条件を入力することによって、理想の相手が絞り込める便利な機能である。この条件をうまく利用すればいとも簡単に理想に近い相手を探すことができる。しかし、あまりにも絞り込みすぎると諸刃の剣になってしまう。

もちろん絞り込んだ相手とマッチング成立すればそれに越したことはないが、その絞り込んだ相手は他の男性会員にとっても魅力的に映るだろう。つまりライバルが多い女性を選んだということだ。

条件の良い相手に群がっていくのは世の常である。そこに立ち向かっていくのは素晴らしいことだが、大抵は負け戦になる。その負け戦を続けていると心が折れてしまう。終いにはサイトを見なくなりフェードアウトしてしまう。

この悪循環を断ち切るためには、期間を設けて条件を変えてみるという方法がある。どういうことかと言うと、婚活サイトを始めた当初は、自分が求めている理想相手の条件をガッツリ入力していればいい。そこで検索ヒットした相手に対して「いいね」を送ってみる。そしてある程度期間を設けて、(例えば私は2週間としている)その期間のあいだに上手くいかなかった場合、ガッツリ選んだ条件の1つを変更してみる。条件はあらかじめ優先順位を決めておいて、優先順位の低い方から変更していくという方法だ。

それでは画像を見ながら説明してみる。

上の画像は私が使っているユーブライドの条件検索画面である。主な入力条件を説明すると

住まい 東京 神奈川 埼玉
年齢 30~39歳
体型 ふつう 細目
やや細め
グラマー ややグラマー
モデル体型
スポーツマン体型
写真 あり
結婚歴 なし
子供の有無 なし

という設定をしている。これはあくまでも例であって私が普段行っている設定ではないことを前置きしておく。すると画像の下の方に2123人と表示されているのがわかるだろう。

しかしこの数字は数字でしかないのだ。実際アクティブに活動している会員は良くて半数と思っておいた方がいい。というのも籍だけ置いて6ヶ月間活動していない会員もカウントされているからである。

私の経験から察するに、1週間以内にアクセスした会員でないと「いいね」しても返事が返ってこない確率が高い。それ以前に私を生理的に受け付けない会員が「いいね」の返事を送ってこない可能性が高い気もしないでもないが。

自分好みの会員に一通り「いいね」し終えて2週間待ってもマッチング成立しない場合、私は条件を一つ変更する。

例えば、年齢を1歳増やして30~40歳に入力を変更してみる。

すると2123人だったヒット数が2226人に増加した。103人も増加したのだ!

このように1歳増やすだけでマッチングする確率も格段に増える。もちろんこの人数の中には最初にガッツリ設定した理想の相手も含まれている為、設定を変更した分の会員が新規としてあなたの検索にヒットしたのと同じ意味になる。

私も「ややぽっちゃり」を追加チェック入れたところ、気の合う女性とマッチング成立して、今メッセージのやりとりを行っている。期間を設けて条件を変更するという方法も私はありだと思っている。