Pゴッドイーター199verを打ってみた

先月のパチンコの勝敗が、どえらいことになっている。8戦中、1勝7敗で唯一勝った日の収支が2800円のプラスという散々な結果になっていた。

これじゃいつものヘアカット店も行けやしない。婚活のため、少しコストがかかるヘアカット店に通っているが、今日の勝敗によっては1200円でできちゃうQBハウスに変更になるだろう。

追い込まれると本領を発揮するうすしおにとってこの状況は、快速電車に乗っていた時に腹痛に見舞われて、次の駅に到着するまでの7分間を脱糞せずに耐え抜いたあのヒリヒリ感以来の状況で、「勝って必ずいつものヘアカット店へ行くぞ!」と気合が入った。

いつものパチンコ店に着いて何を打つか考えながら甘デジコーナーに向かった。「今日は手堅く甘デジのCR009から打ち始めるか」と思ったが、これじゃ連敗中の行動とさほど変わらないことに気づいた。

連敗中のイヤな流れを変えるべく、今までまったく手を出していなかった「Pゴッドイーター199ver」を打つことにした。この機種選びが幸運をもたらすかはたまた!?

知識ゼロの状況で台間サンドにあるラミネートで加工された説明書を片手に打ち始めた。ゴッドイーターは全部で3台設置されているが、打っているのは私だけという有様、回転数も微妙で1000円で14回転と不安だけしか湧き起こらない状態となっていた。

投資も順調に進んですでに5500円、精神的にも限界が近づいて台移動を考えていた矢先、警戒ゾーンに入りリーチが発生した。保留変化なしのリーチで、しかも10数回転前に緑保留からのリーチをあっさりハズしていたので信頼度はすかしっ屁程度とみていた。

しかし、予想を反してリーチが進むにつれてグングン熱さが増してくる。BURST図柄が停止してリーチラインが1LINEから2LINEに増え、それからまたBURST図柄が停止して2LINEが3LINEに増えた。

さらにさらにBURST図柄が停止して4LINEに増えて「VSリーチ」に発展した。

打っていた時は演出の信頼度の熱さがあまり分かっていなかったが、リーチラインが4LINEに増えると「VSリーチ」発展濃厚となるらしい。

「VSリーチ」中も「結合崩壊レベル」というのが上がっていき、

「結合崩壊Lv3」まで到達した。しかしここまでのリーチ時間がとにかく長い、わき汗が乾く暇など与えてくれやしない。これで当たってくれれば良いが、ハズレとなるとこの機種とは二度とお会いすることはないだろうと心に秘めてまだまだ続くリーチを見届けた。

すると今度は立て続けに4大神演出の1つである「神速神撃」演出が出現した。

さすがにこの演出の熱さは説明書にも書かれていたので重々理解はしているが、逆に絶対ハズしてはいけない演出が出現したとも言える。

固唾を呑んで、

ボタンをプーシュッ!

 

待望の大当たり~!

しかし喜びもつかの間、ただ当たりが確定しただけでここから「神バトルラッシュ」に突入させないと出玉は増えない。ラウンド中のバトルに勝利しなければ出玉630発とともに台移動を余儀なくされる。

そしてついに審判の時が訪れた。はたして・・・結果は?

 

ようやく待ちに待った「神バトルラッシュ」に突入した。

「神バトルラッシュ」は1stチャンスと2ndチャンスの演出に分かれた2回転の時短に入り、1回転毎の大当たり信頼度が約64%で合算継続率が約87%もあるモンスター級の爆裂仕様なのだ。

早速「神バトルラッシュ」を味わおうと打ち始めた1回転目、1stチャンスは「10カウントチャージ」と言って文字通り10カウントでバトルの勝敗が決まる。

しかし目の前で繰り広げられているバトルはすこぶる劣勢だった。「大丈夫なのか?」と疑う時間もないくらい素早く負けが決定した。

もう後がない。2ndチャンスの64%継続に最後の望みを託した。2ndチャンスの演出は「復活チャレンジ」と言って、連打でメーターMAXまで持っていかないといけない。

しかし連打すれどメーターの上がり方がベリースローだった。

「まさかこれで終わるのか?」

 

メーターMAX!

「びっくりさせんなよ。なんで一発目から修行僧のような試練を与えるんだバカヤロー!」

危うく合算継続率約87%を一発で落とす妙技を披露するところだったが、それを回避すると連チャンが始まった。しかしその連チャンも長くは続かず、9連チャンで終了となった。

高継続の割には無難な連チャンで終わり、大当たり出玉も元々少なく,最高10Rでも約630発だったので最終3225発の出玉となった。

結果は野球に例えるならサヨナラ押し出しフォアボールで何とも言えないショボ勝ちとなったが、勝ちは勝ち、連敗を止めたことが私にとっては意義があるのだ。

そして忘れてはならないのが、QBハウスでスポーツ刈りを回避できたことである。翌日いつものヘアカット店で5000円を使ってカットしてもらった。

そしてカットしてもらった後、もう一度冷静に考えてみた。

「はたしてQBハウスの4倍の料金を支払って仕上がりは4倍になっているんだろうか?」

「そもそも4倍の料金をかける意味はあるのか?」

と疑問が生じたため、QBハウスのことについて色々ググってみた。

するとQBハウス=スポーツ刈りと想像していたのだが、実は髪型の希望を言えばリクエストに応えてくれることが判明した。中々勇気はいるが雑誌モデルの切り抜きなどを持参すると近い髪型にカットしてくれるらしいのだ。次回はQBハウスに行ってみようかなと思える内容だった。

ヘアカット店もパチンコも、いつもの安心する店や機種を選ぶのではなく、たまには冒険するのも新しい発見が見えて良いんじゃないかなと思う出来事だった。

結果
投資5500円
回収3225発
収支6000円勝ち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です