Rさんとの3回目のデート パート2

Rさんとの3回目のデートの続き

デートを重ねる度に、Rさんへの思いが募っていく。今日は頃合いを見て、Rさんに正式に交際を申し込もうと決心した。

野球話も一段落した時、Rさんが真面目な顔に戻り、こう質問してきた。

「うすしおさんは最後に付き合った女性はいつですか?」

私「けっこう期間空いてますよ!2年前ですねー」

とサバを読んだ。実際はもっとだ。

Rさん「そうですか。私は半年前まで付き合っていた彼がいたんです。でも、その彼に裏切られちゃったんです」

この時点でRさんは涙目になっていた。

Rさん「彼は二股をかけていて、ある日それを知ってしまって彼に問いただしたんです」

私「・・・・」

Rさん「そしたら、彼は開き直っちゃって『お前のココが嫌だったんだ』みたいに私の悪い部分を挙げてきて、私のもとから去って行っちゃったんです」

Rさんはとうとう泣き出した。それでも声を震わせながら、

Rさん「すごく彼のことが好きだったので、とてもショックでした。でも、前に進まなきゃと思ってユーブライドに入会したんです」

私「・・・・」

Rさん「気持ちは前に進もうと思っていますが、身体がついてこないです。精神的に参っちゃって、今病院に通っています」

私「・・・・」

Rさん「だから、病状が少し落ち着くまでちょっと時間を頂けませんか?もちろん、うすしおさんはそのまま婚活続けて下さい。病状が改善した時に私の方から連絡とります。その時に別の女性とうまく進んでいたら私は諦めます」

私「・・・わかりました」

そう答えるのがやっとのことだった。私もかなりのショックを受けたからだ。

今までのデートを振り返ってみると、確かに上沼恵美子風の「豪快な笑い方」を披露したかと思えば、前回のバッティングセンターのように体調が悪く、こちらが心配になる程「疲れている」様子を見せることもあった。

気の利いた言葉の一つでも掛けてあげれば良かったのだが、あまりにも突然の告白だったので頭の中が「真っ白」になったというのが本音である。

現在、TBS系列で放送されている「大恋愛」というドラマをご存知だろうか?40代おっさんの涙腺を崩壊させるドラマの仕上がりとなっている。

ドラマの内容は省略させて頂くが、主人公の尚(戸田恵梨香)が恋人の間宮真司(ムロツヨシ)に対してアルツハイマーの前段階、軽度認知障害(MCI)であると告白する場面がある。

その告白を聞いた真司はこう言ってのけた。

※尚にはフィアンセ侑市(松岡昌宏)がおり、真司はそのフィアンセと結婚すると思っていた。
真司「驚いた 尚が病気で喜んでいる自分に驚いた。尚が結婚しないことが嬉しい自分に驚いている」

真司「俺には親もいないし金もないし学歴もないし将来もない。希望なんてもう思いっきり無くなってて」

真司「だから尚が病気だなんて屁でも何でもない」

真司「尚がガンでもエイズでもアルツハイマー病でも心臓病でも、腎臓病でも、糖尿病でも、歯周病でも、中耳炎でも、物もらいでも、俺は尚と一緒にいたいんだ!」

このドラマを見て、ムロツヨシがジョニーデップに見えてくる程カッコイイ!と思えた。これぐらいの器の大きさが大人の男には必要なのかもしれない。